気まま日記


by riedd

メルマガをみて

あなたは日常生活で、「11:11」という数字に出会いますか?

例えば、TVをつけた瞬間の画面の時計が「11:11」だったり、ふと何気なく、PCのスクリーン上の時計を見たら、「11:11」だったり。泊まったホテルの部屋が「1111」だったり...etc.。

先日来日したユリ・ゲラー氏いわく、「11:11」を見るようになったら、それは、シンクロニシティのはじまりである、と。そして彼によると、この「11:11 or 1111」を見る人は、「この世界で、何かやり遂げるべき使命がある」とのこと。

・・・ある女性向けメルマガの内容にこんなことが書かれていました。

おっ!1だ!
私は、1の連番には、かなり興味津々。
、、というのも、私は、1月11日11:11生まれ。
、、といっても、11月11日ではないし、本当は、夜の23:11。
そう思うと中途半端だし、なんだかオーメンもどきみたいだし、親も冗談でいっているのだとばかりずっと思っていたのですが、ちゃんと母子手帳に明記されておりました。

ちなみに、1のゾロ目は「数字のメッセージ」によると、

「この組み合わせはチャンスの扉が開こうとしているサインです。そしてあなたの思考が記録的な速さで、具体的な形になっています。111の組み合わせはフラッシュの眩しい光のようなものです。その意味は宇宙があなたの思考の写真を撮り、それを具体的な形にしているのだということです。~中略~」(引用)

だって。ほんとかな~?、でも、頻繁に見ないと意味がないらしい。

そこには、2のぞろ目、222についても書かれており、なんと私の親しい方には2月22日生まれが。

なんとなく中途半端ながらに、1好きの私。
こんな文章に出会えるのもなんとなく楽しいものです。
[PR]
by riedd | 2009-06-26 12:06 | ただの日記