気まま日記


by riedd

<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

メルマガをみて

あなたは日常生活で、「11:11」という数字に出会いますか?

例えば、TVをつけた瞬間の画面の時計が「11:11」だったり、ふと何気なく、PCのスクリーン上の時計を見たら、「11:11」だったり。泊まったホテルの部屋が「1111」だったり...etc.。

先日来日したユリ・ゲラー氏いわく、「11:11」を見るようになったら、それは、シンクロニシティのはじまりである、と。そして彼によると、この「11:11 or 1111」を見る人は、「この世界で、何かやり遂げるべき使命がある」とのこと。

・・・ある女性向けメルマガの内容にこんなことが書かれていました。

おっ!1だ!
私は、1の連番には、かなり興味津々。
、、というのも、私は、1月11日11:11生まれ。
、、といっても、11月11日ではないし、本当は、夜の23:11。
そう思うと中途半端だし、なんだかオーメンもどきみたいだし、親も冗談でいっているのだとばかりずっと思っていたのですが、ちゃんと母子手帳に明記されておりました。

ちなみに、1のゾロ目は「数字のメッセージ」によると、

「この組み合わせはチャンスの扉が開こうとしているサインです。そしてあなたの思考が記録的な速さで、具体的な形になっています。111の組み合わせはフラッシュの眩しい光のようなものです。その意味は宇宙があなたの思考の写真を撮り、それを具体的な形にしているのだということです。~中略~」(引用)

だって。ほんとかな~?、でも、頻繁に見ないと意味がないらしい。

そこには、2のぞろ目、222についても書かれており、なんと私の親しい方には2月22日生まれが。

なんとなく中途半端ながらに、1好きの私。
こんな文章に出会えるのもなんとなく楽しいものです。
[PR]
by riedd | 2009-06-26 12:06 | ただの日記
引き続いて美術館へ。
千葉で、パウルクレー展が、東洋の影響についてを題材としてやっていました。

主に中国の影響が強かったようですが、浮世絵からの線画練習のようなこともしていたようです。
ドイツナチスの戦争の時代、中国の思想(仏や禅など)にだいぶ影響があったこと、なるほどです。

初めての千葉市美術館。
チケットが安い上に広くて人が少ない、とても優雅に観れます。
そして、階下で行われている、多量な浮世絵も同時に見ることができ、これほどまでに浮世絵や江戸の絵画をみたのは初めてでした。

今回は、自分にも、日本(着物などの和)や、仏教思想(禅など)にまた興味は深まりそうな気がしました。
[PR]
by riedd | 2009-06-16 09:55 | art

阿修羅展

先日最終日の夕方に、阿修羅展に駆け込みました。

みたいと思いつつ、ずっと行きそびれていたのを最終日前日に思い出しました。

上野の国立博物館へ10分待ちで入りました。

八部衆像、十大弟子像を見て、その後360度円形の手摺に囲まれた阿修羅像を、満員の人の中で、ゆっくりと迂回しながら拝観する。
そして、もう一方の展示側にて、四天王像、3mにもおよぶ薬王、薬上菩薩立像、釈迦如来像の頭部を観る。
約1400年前の鎌倉のエネルギーあっぱれです。

安置されているお寺やお堂で観る像は、建物と一体化して、自然な全体としての素晴らしさを見せてくれますが、1体ずつ、博物館に置かれると、その像自体のエネルギーというか凄さを実感します。

絵などで展示をみることは多々あれど、像の長い歴史も重なり、本当に重みのある、魂の入った展示物を拝見したという気持ちになりました。
[PR]
by riedd | 2009-06-08 10:02 | culture

高キビ

雑穀はいいな~と思い、白米や玄米にに混ぜたりすることはやっていたのですが、先日「高キビ」を普通の鍋で初めて炊いてみました。
キッチンシートを敷いて、火を調節しながらたいたのですが、周りが固い。
うーん、これは難しい。
でも、生きたエネルギーをいただく感はGood!

ちょっとお値段張りますが、たまに挑戦したいと思います。

次は、ヒエです☆
[PR]
by riedd | 2009-06-06 19:30 | eat