気まま日記


by riedd
おそれおおくながら、演芸のプロデューサーさんにご挨拶の梅PHOTO入りのハガキをpdfにて遅らせていただきました。
返信をいただき、思わずこちらも、おお!*^o^*な気分に、、

「おお、届きました。
梅ですね。
明日もうめえこといきますように。」

粋なお返し文に、「いいですね~!」

勝手に載せさせていただきます^^;
[PR]
# by riedd | 2008-02-23 12:05 | 芸モノ

髪を切りました!

 美容室にいったのは、もう4~5年ぶりです。
ずっと、自分で切っていました。
ひょんなことから、ご挨拶をしなくてはと思っていた美容室の近所の友人宅に宿泊。
翌日の午前中に(友人が用があったため)午後の用までぽっかりと時間があき、、、
友人は、「髪の毛切ってきなよ」と一言。
その一言が、そのときなんだと。
週末なんて空きの無い、人気のお店。とりあえず予約電話を入れてみると、
「30分後に来てください」

シャンプー台に座ると、「今朝ちょうど11時のお客さまのキャンセルがでてよかったですね。」

ずっときになっていたご挨拶もでき、
わたしのちぐはぐな頭も、やっぱり天才!とっても素敵に仕上げていただき、ありがとうございます。うるうる。

帽子をかぶらなくてもいい髪形となり嬉しいです^^

http://www.m-labo.co.jp/

また、他にもお世話になっている美容室さんにも伺いたいと思います。今回はごめんなさい!
[PR]
# by riedd | 2008-02-18 16:42 | ただの日記

お腹がいたい

ココ数週間、お腹がいたくて、私生活にかなり支障をきたしています。
そんな中で、無理やり動いたりもするのですが、、、

美味しいものが食べたいのに。。。

一説には食べるのをやめないから(やわらかいものだけ食べるとか。。。)治らないのかも。。。

先生は、飲みたければ胃カメラ飲めばと気楽ですが、、、
こんなに長期で腹痛が治まらないのは初めてです。

なんか腐ったものたべたかな~
[PR]
# by riedd | 2008-02-13 16:13 | ただの日記

バロック音楽の響き

ふなばし音楽フェスティバル2008「バロック音楽の響き」というものが
近所の公民館で無料で開催され、行ってきました。

ソプラノ、チェンバロ、ヴィオラ・ダ・ガンバでのシンプルな組み合わせで、
第1部は、バッハのアヴェ・マリアからはじまり、イギリスの古歌(イングランド・アイルランド民謡)、イギリスの作曲家・H.パーセルの美しい甘い曲、日本の古歌。
第2部は、やはりバロック自体が、17世紀初頭にイタリアよりヨーロッパ全域に広がったとのコトで、イタリアの古歌を歌われました。

チェンバロは10年ほど前に、シュタイナーの講義に参加した際に親しくしていただいた、横浜のカソリック系の学校の音楽の先生をなされていた方が、とてもチェンバロを愛しておられ、私がチェンバロを近くでみたことも、生の音色を聞いたこともないと聞き、とても高価なチェンバロをぜひ一度堪能してほしいとのコトで、お家にお伺いしたのがはじめての身近な出会いでした。
そのときは、音というより、チェンバロに施されている装飾がとても繊細で素敵で感動したのを覚えています。

ヴィオラ・ダ・ガンバという楽器は、今日初めて見たのですが、弦が6本で、ギターにも似ており、胡弓のような弓の弾き方をしており、元はスペイン楽器からきています。足で支えることから「ガンバ」とついているとのことでした。
(サッカーのガンバ大阪の意味も初めてわかりました(笑))
どちらの楽器も、バロック時代に栄えて、バロック音楽が廃れるとともに、一時姿を見なくなっていったようです。

はじめの「アヴェ・マリア」は、オイリュトミーの稽古のときの心身を開く基本の練習に使われていたのですが、私はそのときの体と感情の発散のような感覚に体が熱くなり、たまに熱き涙でうるうるしたりしていた、懐かしい曲です。
イングランド民謡の「スカボロー・フェア」という曲は、サイモン&ガーファンクルがカバーしていたので、親しみを感じたり、日本の古歌では、京都府民謡「竹田の子守唄」に結構じーんときてしまいました。

アンコールで歌っていただいた「グリーンスリーヴス」では、ソプラノの方がこちら方向を見て歌われた瞬間に、また言葉にしにくい、自分の芯が熱くなるような感覚で、その一瞬会場の全体の空気がひとつに感じました。

演奏のお二人はもちろん、ソプラノの方が本当にチャーミングで素敵な方でした。
また、ぜひどこかで聴きたいと思います。

ソプラノ・・・高橋美千子さん
チェンバロ・・・柴崎久美子さん
ヴィオラ・ダ・ガンバ・・・福沢宏さん
[PR]
# by riedd | 2008-02-10 18:06 | music
「父は空 母は大地」
http://ryomichico.net/seattle.html#father_sky_mother_earth

ほんと、今の社会、常識ってなんなんだろう。。。

と、常識のないわたしが言うのも、、、なんですが。。。

先日、TVで、人類の始まりのころのことをドラマ仕立てで流しており、人の中に「所有」という感覚が生まれた時代の話をやっており、なるほど~はじめは、土地に限らず、人には所有という概念がなかったんだ~と関心をしていた矢先のこの文に、とても反応してしまいました。

。。。ちなみにTVはしっかり復活しています^^;
[PR]
# by riedd | 2008-02-08 23:04 | eco
。。。へ行きました!

下北沢で武春さんが聴けるなんて^^

と、今回は、期待通りの「紺屋高尾」やったー!

泣き、、というより楽しい語り口で語られた紺屋高尾ですが、やっぱりよかったです。うるうる。

毎回、掛け声の練習のような時間をやっぷりととっているように感じるのですが、今回はさほどそのような時間も多くなく、中にはしっかりと、間のあった掛け声を入れてくださる方に「お!」という武春さんの嬉しい反応もあったりと、気持ちのいい会でした。

やっぱり、演芸いいな~。

つい、勢いで、この春風亭昇太プロデュース、
ポカスカジャンの「色物の逆襲」にもまた行ってしまうことになりました。
[PR]
# by riedd | 2008-02-07 16:16 | 芸モノ

今更ながらジャスダンス

中学から高校生の頃にちょっとまじめに習っていたジャズダンス。
その頃は、なんだかブームのマ真っ只中で、ミーハーでしたがフラッシュダンスとかスティーンアライブとかダンス映画(サタデーナイトフィーバーの世代ではかろうじてなく(笑))を見ていた覚えが。。。年が。。。^^;
○○年ぶりに、いつも行っているヨガの後のクラスを受けてみた。
さずが○○年たつと、鏡を見るのも恐ろしい。。。が体調にあわせ流す程度にやってみると、ビジュアルはどうであれ、ステップはほとんど覚えている(決して、ついていってはいなかったけれど^^;)
あ~懐かしい。。。
もしかすると、一番気持ちに正直に充実した時間を過ごしていたのは、この頃だったかもしれません。
(やりたいことしかしていませんでした(笑))

いまは、ヨガを基盤にしようと思うので、また参加するかは別として、とても楽しい懐かしい時間でした。
[PR]
# by riedd | 2008-02-02 17:31 | sports

今日は久しぶりに反省。

最近自分を甘やかし続けている傾向があり、、、
でも、今日は反省。

自分の勉強に、といれた予定を、リタイア。
でも、それでは前に進まないことも。

たまには厳しくいかなくては、、、(それだけでよいのか)と思った日でありました。

次回は行動しよう。
[PR]
# by riedd | 2008-01-29 22:01 | ただの日記

エコ情報

こんなものを見つけました。

http://eco.biglobe.ne.jp/?F
[PR]
# by riedd | 2008-01-28 18:11 | eco
観ました。
ナルニア国物語とおなじところが制作したこの作品。
とてもファンタジー豊なものでした。
2人の子供が学校や家での現実社会と、2人で森に作った空想の王国の世界とを行き来して、安らぎと勇気を取り戻してゆく作品です。
創造の世界、大人になるともう見なくなってしまっている世界。
ずっと見続けられる人になってゆくといいなと思いました。
100を占めているような現実って意外と小さいのかもしれませんね。
[PR]
# by riedd | 2008-01-19 10:02 | movie