気まま日記


by riedd

カタックワークショップ

週末に、ちょっと続けてワークショップなるものに参加しました。

インド宮廷舞踊/カタックダンス・ワークショップ~口唱歌(ヴォイス・パーカッション)を歌おう~
という命題です。

カタックは、その後、いろんな方面に形を変えています。たとえば、フラメンコもカタックから派生しています。また、旋回することが踊りのとても重要なキーになっており、そのフォルメンなど、まだよくわかりませんが、シュタイナーのオイリュトミーの自然に回帰するような動きに自分の中で重なる部分があり、きっと、人は、いつの時代にも基本となる動きにある法則があるのかな?なんて、何か共通項があったらおもしろいなという感じでいます。
でも、カタックはどちらかというと、神を踊る、神を讃えて踊る、日本で言う神楽の方がイメージが近いです。

前半は、簡単な口語の踊りのリズム(ヴォイス・パーカッション)を教えていただき、それを後半に踊ります。リズムも数学ののインド、という感じで、リズムの数が複雑に絡んでいて、すごい!ぜんぜん理解できませんでした(笑)
音楽や踊りで、「裏」をはじめて取れるようになるように、これをつかんだ時は、きっと嬉しいだろうなと思います。

今回は、生のパーカッションと長い大きな笛をもった人に演奏もしていただき、生のリズムの中で踊り、とても気持ちよかったです。まだついていけなかったこともあり、踊るよりその音の響きに耳が行ってばかりいました。

私は、グランディングが苦手。いわゆる気持ちが上に上がりやすく、地に足がつかない状態になりやすい体質で、裸足で、フラメンコのように地を足でどんどん叩くこの踊りは、私にとって、身体を内面なども含めバランス調整するオイリュトミーのような役割になるのでは?と思いました。
[PR]
# by riedd | 2009-04-17 11:42 | カタック

癒されます。

http://www.cuteoverload.com/
[PR]
# by riedd | 2009-03-31 11:41 | animal

お花見

一昨日、友人より、母校でお花見をするのでこれたら、、、と簡単な携帯メールをもらい、週末に母校へお花見に。
まだ寒いよね~と、ジーパンにもこもこ着込んで、ブランケットを持ち、水筒を2つとおにぎり・デザートをもって出向いてみると、なんだか人が沢山、しかもみんなキチンとした服装で、、、あれっと思ったら、上下の学年併せて150名ほどが小講堂のようなお部屋に集まり、びっくり。
室内で、こんな大きな集まりだとは知らず、、、おお!と思いながら、でも、懐かしい友人と会い、桜並木のきれいな学校の正門までの道を歩き、桜は5部咲きほどでしたが、とても気持ちのいい時間を過ごしました^^
[PR]
# by riedd | 2009-03-30 13:36 | ただの日記

ホーロー看板

c0127569_1939914.jpg

今、狭山市博物館で、
「昭和のくらし展
~とうさん・かあさんが子どもだったころ~」
という企画展がやっています。

NHKのニュースをみていて、驚いた姉が、近くに住んでいたころもあり、訪問。

なんと、身内がやっていた会社のホーロー看板が展示されているのだそう。
なつかしすぎる~T T
入間のお花見もかねて、是非行ってみようと思います。
(話によると、他にも懐かしいものが沢山展示されており、なかなか感慨深いとのこと)
ちょっと楽しみです^^

看板も消耗品というイメージ。でも、このホーローの看板をみると、歴史と思い出を詰めた大事なブリキのおもちゃのような気持ちになります。(ただ、思い入れがあるからでしょうが)

狭山市博物館サイト
http://www.city.sayama.saitama.jp/museum/kikakuten/now/
[PR]
# by riedd | 2009-03-23 19:32 | ただの日記

in-i

先日、文化村のシアターコクーンに行ってきました。
お値段にうーん、とうなりながら、ジュリエットビノシュと、現在習っているカタックを幼少期にはじめ、今は世界的な振付家・ダンサーであるアクラム・カーンのコラボの舞台へ。

アクラム・カーンの大ファンの友人の勧めと、先生の「無理でも行ったほうがいい」という最後の一言に、直前に当日チケットに走りました。
以前に見た勅使河原さんのような衝撃のあるコンテンポラリーを創造していたのですが、女優であるジュリエットビノシュ、ということもあり、お芝居に近い舞台でした。
テーマは「愛とは何か」。
今回は、男女の愛をいろんな形で演出していて、とても深い、シーンによっては葛藤・苦しみの場面もありましたが、男女のまったく違う愛の表現の異質さを最後のシーンで、一気に統合したかのような2人の踊りにふわーっとなり、急にじーんと身体が熱くなり、なんでこんな感覚なのかことばで表現できない、頭では理解できない、2人の空間に感動しました。

ちょっとリアルな男女の愛の表現は、あまり好きではないのですが、2人がカーテンコールに出てきたときには、ジーンと。

とにかく、ジュリエットビノシュの演技(?)とパワーには圧倒されました。
先生がおっっしゃっていたのですが、今回は、愛を表現して、女性の(これはジュリエットビノシュだったということと、この構成でのダンサーと女優の違いなども若干はあるのかもしれないのですが)愛の表現というのが、男性には及ばない大きな強いものがあるのだとも、私も実感しました。

アクラム・カーンさんは、今回初めて知ったのですが、とても素晴らしいダンサーであることもよくわかりました。
今回は、踊る要素より、「表現」ということのほうが全面にでていたので、是非、いつか、彼のコンテンポラリーダンスを見る機会があれば幸いと思いました。

ジュリエットビノシュ、やっぱりすごい!
[PR]
# by riedd | 2009-03-17 11:13 | culture

かまやつひろし

今、テレビにでています。

子供の頃に、ドリフターズがやっていた西遊記の人形版をみていたときに、かまやつ氏(人形)が出たときには子供心に強烈過ぎて、「こわいっ」と思ったのが、初めての記憶です。

私は、音楽に詳しくなかったので、どんな方なのかまったくわかっていなかったのですが、
大人になって、いつのまにか、理想のお父さん像になっていました。

別に本物のお父さんが理想じゃないとかでは全くないのですが(ごめんなさい^^;)、年の頃があうのか、いつのころからか画面で顔をみるだけで、「このひと、お父さんだったら楽しいだろうな~」と思うようになっていました。

なんだか、漂う空気がいいのですよね~^^
[PR]
# by riedd | 2009-03-13 13:39 | ただの日記
年に1,2度お野菜をお願いする、花巻のしょうちゃんのめるまがにいつもこころ打たれています(笑)
文章がいつもとても素敵です。
しょうちゃんのこころと文章力の相乗効果でしょうか。
先日のメルマガをごめんなさい!転記!

不景気の話題がそこかしこですが
 給与、賞与もないし
 ローン、家賃もないし
 買い物も余りしないし
 外食殆どしないし
 飲みにも行かない
暮らしをしています

自分で食べ物作っていると
なんだか
何とかなる気がします

自給をもつことは
大きな心の支えに
命の支えにつながります

依存
依って在るところには
不安や不満が生まれ
不本意という
葛藤が生まれる気がします

自給
自ら供給する でもあるけど
自ずから給わる でもあります
本来あるものを 頂くこと
本来あるところに 生きること

ベランダにプランターを
お庭に菜園を
こころに命の畑を
自給をして見ませんか


やえはた自然農園
http://yaehata.com/
いつか、お茶会に花巻に行きたいと思います☆
[PR]
# by riedd | 2009-03-09 08:34 | nature

頭の中が騒がしい

最近、気がついたことは、頭の中がとても騒がしい。

毎日を生活する中で、いつも、あれをどうしよう、これをどうしよう。
必要以上に思いをめぐらせている気がします。

生きている以上ある程度仕方のないことですが、
なるべく無駄に頭を使わず、身体の動くままに動く、そんな生活をしたいなと思いました^^
[PR]
# by riedd | 2009-03-07 12:05 | ただの日記
東急文化村へクレーを見に行きました。
とってもとっても久しぶりの美術館。
クレーも何年振りでしょう。

閉館の1時間前に入ったら、後半のクレーのオンパレードで、閉館時間になり、、、でも、しつこく観ました。

慌しくも、今まで観た中でも、一番心にしみるように感じました。
クレーが子供のように楽しく描いていたんだな~と私まで楽しい気持ちになりました。
(ちょっと、小躍りしたい感覚?)

ドイツを追われたときも、素敵な明るい優しい色調の色を表現できたクレーに内面の世界の強さと大きさを更に感じました。

そして、今までは単純に色彩のきれいさに好んでいたのですが、それ以上に、リズムと動きの空気・空間を肌に感じました。

もう1度、ゆっくり観たいと思います。
[PR]
# by riedd | 2009-03-02 12:33 | art

自力整体

昨日、自力整体なるものをビデオを見ながらやりました。
体操、というよりマッサージをイメージしながら、体を動かすのですが、2度目にして、前よりは少し長くやったものの、途中で挫折。
でも、その後、外を歩いていたら、歩く感覚が違うんです。
体の使う部分がいつもと違っているようで、気持ちいい。(たぶん、肋骨を上げたりして、体の骨の位置が変わっているのでしょう)

なかなか、毎日は出来ませんが、たまに週1でもやると体が楽しくなりそうです。

矢上裕氏の 自力整体 おすすめです。 
[PR]
# by riedd | 2009-03-02 11:21 | health